女大学評論おんなだいがくひょうろん
一夫女子は成長して他人の家へ行き舅姑に仕ふるものなれば、男子よりも親の教緩にすべからず。父母寵愛して恣に育ぬれば、夫の家に行て心ず気随にて夫に疏れ、又は舅の誨へ正ければ堪がたく思ひ舅を恨誹り、中悪敷成て終には追出され恥をさらす。女子の父母、 …
作品に特徴的な語句
なおす すさまじく やわらか いたずら そむき ゆるがせ いう かよわ たがい 表面ウワベ そむく おしう かざり うすく あらく やま よめいり つくす みだり つかう なす きよら すぐれ おおせ ウカ ふさ よき まずしき つつしむ なす たがえ 腹立はらたつ つが のむ まかす おしむ ならわ ゆく たわれ あたえ こらえ かたる いかる おこたる おおせ 女子にょし 使つかう したしみ こらえ よし なか フク ながく きわみ たた ひい まじわり うらむ かたく きよげ ほめ てかけ しかる ただし けがれ いね つつしみ じき おろそか かぞ したがわ あやまち やわらか きく そだて たと 召使めしつかう ついえ こじゅうと わする つつしみ にくま かざり なく おさめ いづ やまい わかち 何方いずかた ともしび ののしり こまか あわれみ 元来もとより したがう おおく とも しきもの ただち りゃく