“侮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あなど88.6%
あな5.7%
あなどり4.5%
あなづ0.6%
あなどる0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
樣々な懊惱ね、無愧な卑屈ならるべき下劣な情念を押包みつゝ、この暗い六疊を臥所として執念深く生活して來たのである。
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
女は泣くもの歎くものと昔から許されていることも、口先ではどっているものの、衷心ではほんとに美しいこともある。
日は輝けり (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
庶民のを買うような仕儀に到らば打捨てては置かれまい、よし一人の私情は忍び難くとも、流れ清き徳川の旗本の面目のために……
大菩薩峠:15 慢心和尚の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
この春彦が明日にもあれ、稀代をつくり出して、天下一の名を取つても、お身は職人風情とるか。
修禅寺物語 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
夫を主人と思ひ敬ひ慎みてべし。しめべからず。総じて婦人の道は人に従ふに有り。夫に対するに顔色言葉遣ひ慇懃にり和順なるべし。不忍にして不順なるべからず。て無礼なるべからず。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)