“懊惱”のいろいろな読み方と例文
新字:懊悩
読み方割合
あうなう50.0%
なやみ20.0%
あうのう10.0%
うるさゝ10.0%
おうのう10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
懊惱困憊むいた。障子次第くへ退くにつれて、空氣からした。からかなかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
くまでも昨日しき懊惱自分かられぬとしてれば、があるのである、さなくてはしい這麼執念自分着纒ふてゐるいと。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
樣々な懊惱ね、無愧な卑屈ならるべき下劣な情念を押包みつゝ、この暗い六疊を臥所として執念深く生活して來たのである。
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
めは人皆懊惱へずして、渠等らせしに、はずして一旦れども、翌日報怨りてよりは、す/\米錢はれけり。
蛇くひ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
椋島に捨てられたものと思い懊惱、家出をしたのであったが、電気協会ビル事件のとき、思いがけなく椋島のために一命を救われ
国際殺人団の崩壊 (新字新仮名) / 海野十三(著)