“おうのう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
懊悩97.9%
応能0.7%
懊惱0.7%
懊憹0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お勢母子の者の出向いた、文三は沈着て、徒然と机の蹲踞ッたまま腕をに埋めて懊悩たる物思いに沈んだ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
度牒は人の家をて僧となるとき官のして認むる牒にて、これ無ければ僧も暗き身たるなり。三張の度牒、一には応文の名のされ、一には応能の名あり、一には応賢の名あり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
椋島に捨てられたものと思い懊惱、家出をしたのであったが、電気協会ビル事件のとき、思いがけなく椋島のために一命を救われ
国際殺人団の崩壊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
彼はく万事をちて、懊憹の間に三日ばかりをしぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)