国際殺人団の崩壊こくさいさつじんだんのほうかい
作者は、此の一篇を公にするのに、幾分の躊躇を感じないわけには行かないのだ。それというのも、実は此の一篇の本筋は作者が空想の上から捏ねあげたものではなく、作者の親しい亡友Mが、其の死後に語ってきかせて呉れたものなのである。亡友Mについては、い …
作品に特徴的な語句
もと なごや バルブ さが なげ ちょう ごん かわ 懊惱おうのう すじ 作者わたくし 眼窩めくぼ ひろま がえ もく くわだ 低声ていせい 先刻せんこく あた たく 薄紅うすあか こら 西風せいふう 淡々たんたん あかり 片恋かたこい ひしめ 甲斐がい えが 眼眸がんぼう 挙動きょどう にな 突如とつじょ 終日しゅうじつ 悪性あくせい えん 心中しんちゅう 御出おい 彷徨ほうこう ろう べん ちょう じつ 孤児こじ いや まか 蒼白そうはく 衣嚢ポケット 在所ざいしょ わい ついや 剣山つるぎやま 異様いよう 立籠たてこも しず うかが 窓外そうがい 鎮撫ちんぶ 礼讃らいさん 鏖殺おうさつ 長身ちょうしん 硝子ガラス 短銃ピストル にら ひらめ 陰険いんけん 階下した さわ いえど 真弓まゆみ 霊媒れいばい 相貌そうぼう 面持おももち 目懸めが 白頭はくとう 白皙はくせき 麻布あざぶ かなえ 煙幕えんまく 煙硝えんしょう 物凄ものすご 特種とくしゅ