“錯誤”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さくご72.0%
あやまり20.0%
あやまち4.0%
まちがい4.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、事態の中核に身を置いて、真に、秀吉を、時代の推移を直視していた一部の人々にだけは、もちろんそんな錯誤はなかった。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
去年の秋、渠が初めて此釧路に來たのは、恰度竹の浦丸といふ汽船が、した錯誤からか港内に碇泊した儘沈沒した時で、二本の檣だけが波の上に現はれて居た。
病院の窓 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
しかし、今はどうかというに、私も年齢を加えている。そして、様々のことから、心の目を、少しずつ開かれ風流や趣味に逃げて、そこから判断したことの錯誤をさとるようになった。
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
『はてさて、だぞ、あれは滊船だわい、してると今月航海表錯誤があつたのかしらん。』とひつゝ、いで星影大空めたが