“錯雑”のいろいろな読み方と例文
旧字:錯雜
読み方割合
さくざつ94.1%
こみいり5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
数年来鬱積沈滞せる者頃日く出口を得たる事とて、前後錯雑序次なく大言疾呼、われながら狂せるかと存候ほどの次第に御座候。
歌よみに与ふる書 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
ギゾーの古い事は言うまでもないが。ギゾーがかの錯雑した欧羅巴の歴史の事実をく綾にんで概括した、あの力というものは非常なものである。
今世風の教育 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
錯雑ましてお聴悪い事でございましょう左様御承知を願います、お筆は数寄屋河岸の柳番屋の蔭へ一夜置き位に出て袖乞を致しまするも唯養父を助けたい一心で
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)