病院の窓びょういんのまど
野村良吉は平日より少し早目に外交から歸つた。二月の中旬過の、珍らしく寒さの緩んだ日で、街々の雪がザクザク融けかかつて來たから、指先に穴のあいた足袋が氣持惡く濡れて居た。事務室に入つて、受付の廣田に聞くと、同じ外勤の上島も長野も未だ歸つて來な …
作品に特徴的な語句
いら 退ずさ 邂逅でつくわ 過日このあひだ たふ 周章どぎまぎ はさ やど 周章あたふた ぞろ きさま ほじく 性急そゝくさ はづ 何方どこ うつす 老母ばばあ 知人しりと 明瞭くつきり 突懸つゝか いろ 反覆ひつくりかへ 彼方むかう 表情しほ 紛糾こんがら 眞實まつたく 打附ぶつつ はか うづた きり 那麽あゝ をか しやぶ はつき さう たつた 忠實まじめ 地鳴ぢなり をつと 身動みじろぎ 襯衣シヤツ おつ しま 眞實ほんと 痕跡かた おまけ 加之のみならず やつ かしこ 敏捷すばや 態度やうす さま 悠然ゆつくり そゝの 平日いつ 昂奮たかぶ とも 過般こなひだ 蹂躙ふみにじ 街路みち 窓外そと 突然だしぬけ 硬張こはゞ 瞬時しばらく 目的あて 痙攣ひきつけ うづ ざま 暗闇くらがり 明確さだか 明瞭はつきり はだ いきどほ 惡氣さむけ 悠然ゆつたり かく 後退あとしざ 彼處あそこ 彷徨うろつ 強請ねだ 全然すつかり 吩附いひつけ かぎ 人好ひとずき 周圍あたり ちつ 凝然ぢつ また 不拘かゝはらず 先方むかう 危險けんのん せん 此室こゝ
題名が同じ作品
病院の窓 (新字旧仮名)石川啄木 (著)
病院の窓 (旧字旧仮名)南部修太郎 (著)