“昂奮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうふん92.1%
かうふん4.5%
たかぶ1.7%
たかぶり0.6%
のぼ0.6%
はやり0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上の水分神社の桜も、下の山添い道の山桜も、散りぬいていた。花ビラのしい舞が彼の童心を夢幻と昂奮の渦にひきこむのか。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
刻々高まつて行く異常な昂奮を抑へて、窓から曉の光の忍び込むのを見た時は、全く腹の底から救はれたやうな心持になりました。
ザクザクと融けた雪が上面だけ凍りかかつて、しく歩き悪い街路を、野村は寒さも知らぬ如く、自暴昂奮つた調子で歩き出した。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
昂奮が一まってから、私達には四方八方物語しきりはずみました。——
皆声を限りにお客を呼んで、素通りをしても昂奮せ上る位であった。これが今では、「入らっしゃい」とも「如何様」とも何とも云わないから、何だか浅草らしくないような気がする。
翌くる日、彩色の届けられた時、姫の声ははなやいで、昂奮かに響いた。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)