“妖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あや82.1%
えう5.2%
よう3.7%
ばけ1.5%
0.7%
わざはひ0.7%
わざわい0.7%
あで0.7%
あやか0.7%
あやし0.7%
なまめ0.7%
ばか0.7%
まど0.7%
まよはし0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上の水分神社の桜も、下の山添い道の山桜も、散りぬいていた。花ビラのしい舞が彼の童心を夢幻と昂奮の渦にひきこむのか。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
引續いた可恐さから、ずつてはるのだけれど、いのでないと、吹消したやうにはけさうもないとふので、薄氣味がるのである。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
渓のにありいにしへは大蛇ありてをなす時に弘法(大師)持咒したまいければ大蛇忽ち他所にうつりて跡に柳生ぜり因て此名ありといふ
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
ういふと何かおの催促をするやうでをかしいけれど、れツたくツてらない。
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「いえ、けたのに相違はありませんが、これはやはり、秀自身が妖けたのです。照子様、もしやおどかしはしませんでしたか。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その泣くは、青山は枯山なす泣き枯らし河海に泣きしき。ここを以ちてぶる神の音なひ二二狹蠅なす皆滿ち、萬の物の悉にりき。
そういう次第ですから亂暴な神の物音は夏の蠅が騷ぐようにいつぱいになり、あらゆる物のが悉く起りました。
厚きの積れる雪と真白き上に、乱畳める幾重を争ひつつ、なる姿をかずはれるを、窓の日のして隠々照したる
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「田が沼と、濁る浮世に、ごもつとも、天も変るぞ、地にはし」
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
こう申せば何ですが、四ツ谷の空の一方には、い雲が立上ってならぬ兆候が見えて、今にも破裂しそうで、気にってなりません。打棄っておいてはお互の身の上でしょう。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
昔のうら若い女房が鉄漿を染めた口元にあの玉虫色の紅をつけてゐたとしたら、その青白い、血の気や赤味の微塵もない顔のかしさは、どんなであつたらうかと思ふ。
青春物語:02 青春物語 (新字旧仮名) / 谷崎潤一郎(著)
老狐婦女してするもあり、せられし女はかならずをみだし其処にして熟睡せるがごとし、そのをたづぬれども一人も仔細をかたりし女なし、前後をしらずといふ
芸術のうちにはめ込まれた利己心は、雲雀どもにたいする鏡であり、弱き者どもをわす炬火である。ジャックリーヌの周囲でも、多くの婦人が彼にとらえられたのだった。