“老狐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ろうこ42.9%
らうこ28.6%
たうめ14.3%
ふるぎつね14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうって、勝平は叮嚀に言葉を切った。老狐そうと思う人間の前で、木の葉を頭からっているような白々しさであった。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
老狐婦女してするもあり、せられし女はかならずをみだし其処にして熟睡せるがごとし、そのをたづぬれども一人も仔細をかたりし女なし、前後をしらずといふ
の面倒をって迂濶に手は出さんが、のと知りつつ、油鼠を去られん老狐の如くに、遅疑しながらも、尚おお勢の身辺を廻って
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)