“老獪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ろうかい90.1%
らうくわい4.2%
ずる4.2%
らうくあい1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その老獪なやり口を思うと、蟹江はまったく忌々しい気分になってきます。しかしこれは忌々しがってばかりもいられないことでした。
Sの背中 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
今では掛り人で、奉公人も同樣ですが、もと/\育ちのいゝお吉は、老獪な岡つ引にんで來られると、口もろくに利けません。
北條某とやら老獪成上から戦闘まれ、幾度かのはげしい合戦挙句が、あの三しの籠城、とうとう武運三浦の一
明子はこの伯爵でさへ、彼女の姿を見た時には、その老獪らしい顔の何処かに、一瞬間無邪気な驚嘆の色が去来したのを見のがさなかつた。
舞踏会 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)