“籠城”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ろうじょう91.5%
ろうじやう5.1%
らうじやう1.7%
ロウジヤウ1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天文十八年、法師丸が十三歳の秋、牡鹿山の城が管領畠山氏の家人薬師寺弾正政高の兵に囲まれ、籠城は九月から十月にった。
東京驛一番てば、無理にも右樣計略はれないもなささうだが、籠城難儀んだで、夜討眞似ても、がけの出來ない愚將である。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
これは福岡で籠城の用意をしたのが物議の種にならぬやうに、家老等の言質を取つたのである。
栗山大膳 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
籠城ノ衆ハ、一旦身命ヲ、勝頼方ヘ武恩トシテイ居リ候ヘバ、臆病ナルニハ準ズベカラズ、早々御馬ヲ寄セラル可候。信玄以来、鍛練ノ武勇手柄ノ程、御目ニ懸ケ可候。恐々謹言
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)