“可候”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
べくそうら50.0%
ベクソロ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“可候”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
『——知らせ申す可候べくそうらども、今日』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
籠城ロウジヤウノ衆ハ、一旦身命ヲ、勝頼方ヘ武恩トシテムクイ居リ候ヘバ、臆病ナルハイニハ準ズベカラズ、早々御馬ヲ寄セラル可候ベクソロ
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
信玄以来、鍛練ノ武勇手柄ノ程、御目ニ懸ケ可候ベクソロ
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)