“可申候”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まをすべくさふらふ66.7%
もうすべくそろ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“可申候”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
相働あひはたらき、忠勤ちうきんはげ可申候まをすべくさふらふと、澁々しぶ/\血判けつぱんして差上さしあぐれば
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
明後日は猶重くも相成可申あひなりまをすべく、さやうには候へども、筆取る事相叶あひかなひ候間は、臨終までの胸の内御許に通じまゐらせたく存候ぞんじさふらへば、覚束無おぼつかなくも何なりとも相認あひしたた可申候まをすべくさふらふ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
しかしトチメンボーは近頃材料払底の為め、ことに依ると間に合い兼候かねそろも計りがたきにつき、其節は孔雀くじゃくしたでも御風味に入れ可申候もうすべくそろ。……」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)