“可申上”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もうしあぐべく66.7%
まをしあぐべく16.7%
もうしあぐべき16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“可申上”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
其他そのた御尋ねに従い各位様の御嗜好に相叶あいかない候御料理色々御紹介可申上もうしあぐべく
いづれこれより御礼可申上もうしあぐべく候。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
明日みようにち御前様おんまへさま御誕生日ごたんじようびに当り申候へば、わざと陰膳かげぜんを供へ候て、私事も共に御祝おんいは可申上まをしあぐべくうれしきやうにも悲きやうにも存候。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
尚々御預り申上居り候(書籍並に画の道具類)御送付可申上もうしあぐべき如何一寸御命じ被下度候
仙人掌の花 (新字新仮名) / 山本禾太郎(著)