“可仕候”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つかまつるべくそろ66.7%
つかまつるべくそうろう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“可仕候”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
右は発見次第御報道可仕候つかまつるべくそろにつき、左様御承知可被下候くださるべくそろ
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
一 拙者昨夕散歩の際この辺一町以内の草の中に金時計一個遺失致し候間御拾取の上御届け下され候御方おんかたへは御礼として金百円呈上可仕候つかまつるべくそろ
金時計 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「朱泥は呈上可仕候つかまつるべくそうろう唐墨の方は進呈致兼候いたしかねそうろうあいだ存分ぞんぶん試用の後御返送を願上候ねがいあげそうろう」というのである。
南画を描く話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)