金時計きんどけい
広告 一拙者昨夕散歩の際此辺一町以内の草の中に金時計一個遺失致し候間御拾取の上御届け下され候御方へは御礼として金百円呈上可仕候 月日あーさー、へいげん これ相州西鎌倉長谷村の片辺に壮麗なる西洋館の門前に、今朝より建てる広告標なり。時は三伏盛 …
作品に特徴的な語句
ひた もとむ おまえ 交換ひきかえ だち はし いだ きさま わっち てめえ 蹌踉よろぼ もら おれ かたえ じき 退すさ ひやや 瑞西スウィッツル まい かえ おれ うずく えば おまえ 土地とこ 表面おもてむき こうむ たゆ 手腕うでまえ わが 這奴しゃ 彼方あなた つか 強奪ひったく いやし またたき おなじ うしろ きく だま くるし 普通ただ はば 依嘱たのみ いかり みんな おら こと におい 眼下めのした 差出さしいだ 熟練なれ いた さも あらわ あざ むか 驟雨ゆうだち わたくし なじ もら たっと ゆびさ 流眄しりめ 抵触つきあた けだ あが いから 莞爾かんじ 一番ひとつ あわただ はず そぞろ あら みひら くら 思召おぼしめし すぐ おおい あらわ たのし まなこ こび あつま 見逃みの 遺失おとし はるか 弱小けち 飯炊めしたき たけなわ ともがら ほし 口惜くやし 依頼たのみ