“手腕”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うで53.8%
しゅわん20.5%
しゆわん12.8%
うでまえ5.1%
てなみ5.1%
てくだ2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それを知りながら福村が賞讃をあえてするところを見ると、ともかく、よくよくあの女の手腕に感心したものがあればこそと思われる。
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
青年は知識にも思慮にもまた手腕においても、まだまだ不足あるかわりに、ある命令のもとに仕事するときはもっとも熱してあたる。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
艦長松島海軍大佐號令はいよ/\澄渡つて司令塔く、舵樓には神變不可思議手腕あり。二千八百巡洋艦操縱自在
だからだめさ、勉強しなくっちゃ、なんでもいけないさ、君のお父さんなんか、剣が利いたからたいしたものだ、剣の方じゃどうして立派な手腕だったそうな。
さしも目覚かりける手腕の程も見る見る四途乱になりて、彼は敢無くもこの時よりお俊の為に頼みき味方となれり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
手腕にかけて禅師を迷わしたものでもあるかに受取れるが、事実は、妖婦でも淫婦でもなんでもない、尋常の門番の、尋常の娘で、ただ、世間並みよりは容貌が美しかったというに止まる
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)