“不可思議”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふかしぎ85.7%
ミステリアス4.8%
ミステリイ4.8%
ミステリュー4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さきが、ふたたびかになったとき、みんなは見合わせて、いまさら運命というものの不可思議えさせられたのであります。
春さきの古物店 (新字新仮名) / 小川未明(著)
風にSI・SIとしきりに hissing sounds ——すぺいんの人はYESというところを「スィ!」と歯の隙間から、不可思議な息を押し出す——がもり
チャアリング・クロス——あまりに多くの不可思議を見てきた町。