“首鼠両端”の読み方と例文
読み方割合
しゅそりょうたん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は良人たる人さえ首鼠両端でなかったら、この悲劇の運命は多分避け得られたのではないかと思って返すがえすも惜まれるのである。
姑と嫁について (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)