“抵触”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ていしょく75.0%
つきあた25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“抵触”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 工芸 > 工芸8.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
露店でくらう豚の肉の油揚げは、既に西洋趣味を脱却して、しかも従来の天麩羅てんぷら抵触ていしょくする事なく、更に別種の新しきものになり得ているからだ。
銀座 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
それなら一人が二人と三人になろうとお互いに抵触ていしょくするものであるまい。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
血気勃々ぼつぼつたる大助は、かくと聞くより扼腕やくわんして突立つったつ時、擦違う者あり、横合よりはたと少年に抵触つきあたる。啊呀あなやという間にげて一間ばかり隔りぬ。
金時計 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)