“仕候”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つかまつりそうろう57.1%
つかまつりそろ28.6%
つかまつりさふら7.1%
つかまつりさふらふ7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頬白などはりまでもかえたらしく、何だか一年増しに歌の声が短くなって、一筆啓上仕候などとは、聴いてもらえそうもなくなった。
黒瀬ぬい、と、ええ、黒瀬と、さっぱり知れねえぞ、こっちは土方職、次は車力、引越荷車仕候か、お次は何だ、鋳掛屋かい、差替りまして蝙蝠傘直、さあさあ解らねえ。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
座頭すは、らばしつぺい張競仕候はんまゝ、天窓御張へとふ。越中らばうけへとて、座頭天窓へしたゝかにしつぺいをる。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
今般帷子小路の四畳半より加賀野川原町四番戸に転居仕候』と云ふ知人への知らせの端書に何の事はなけれど、もこの表面は何の事もなき変化が
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)