“仕候也”の読み方と例文
読み方割合
つかまつりさふらふなり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし是は或る老先生が田口も善いが其漢文には閉口すると云ひたりとか云ふ評判なれば其儘掲げたる。余自身には御立派な御文章のやうに拝見仕候也
明治文学史 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)