怪力かいりき
孰れが前に出来たか、穿鑿に及ばぬが、怪力の盲人の物語りが二ツある。同じ話の型が変つて、一ツは講釈師が板にかけて、のん/\づい/\と顕はす。一ツは好事家の随筆に、物凄くも又恐ろしく記される。浅く案ずるに、此の随筆から取つて講釈に仕組んで演ずる …
作品に特徴的な語句
さまたげ 面貌つらがまへ たゞち はら 事実じゞつ みづ きづつ 事実じゝつ おほき 一時あるとき はう でう ひい 人通ひとゞほり ゆき はらひ うへ かたはら なんぢ さは 尋常たゞ 追掛おひかけ づゝみ まへ 入替いれかは さふら さむらひ 何処いづく 一寸ちよいと 負惜まけをし さかり まい 大石だいせき かほ かは とほ 吸筒すゐづゝ ひゞき 怪力くわいりき さふらふ わが 去年いぬるとし 卑怯ひけう うけたまは 上手じやうず 筆者ひつしや えい はう 出処しゆつしよ ちゝ おこ ひそか しやく 講釈かうしやく いは 威厳ゐげん 川岸かはぎし 諸人しよにん 奥州おうしう 大風おほかぜ ゆう こゝろ はり こゑ さは ばう 往来わうらい あぢ 道理だうり こゝろ あやし 遠乗とほのり かく おち きよう うち あが ゆび さす 隣国りんこく ぶん さん ちゞ 備中びつちう それ 主人しゆじん ひゞ 仕候つかまつりさふら 白銀はくぎん たふ なに 橋杭はしぐひ 日本につぽん