“白銀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しろがね78.6%
しろかね8.7%
はくぎん6.8%
ハクギン2.9%
ぎん1.0%
しらがね1.0%
びやくぎん1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
九月末の夕日はいつか遠い峰に沈んで、木の間から洩れる湖のような薄青い空には三日月の淡い影が白銀の小舟のように浮かんでいた。
木曽の旅人 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
丘のすそをめぐるの穂は白銀のごとくひかり、その間から武蔵野にはあまり多くないの野生がその真紅の葉を点出している。
小春 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
は、強情不敵。さて、入替つて按摩がシツペイのると、つてにありつきました、と白銀頂戴めてかゝつて
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
男嶽女嶽との間になだれをなした大きな曲線が、又次第に兩方へつて行つてゐる、此二つの峰のの廣い空際。薄れかゝつた茜の雲が、急に輝き出して、白銀の炎をあげて來る。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
東の方の壁に並んでいる蜘蛛はみんな黄金色で、西の方のはすっかり白銀色なのです。そのピカピカ光って美しいこと。
オシャベリ姫 (新字新仮名) / 夢野久作かぐつちみどり(著)