“しろがね”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白銀47.9%
38.5%
白金13.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
から、すらりとうへ、なき白銀に、のやうなが、瑠璃色を、投掛けた玉章風情る。
月夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
あはれ騎士が戦ひに破れし青銅の盾にふりそゝぐの涙ともならば、と祈らむにも力は尽きぬ——金のもて張れるわが喜びの琴は
嘆きの孔雀 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
が、町内の醫者や、目黒から白金、麻生一圓の生藥屋を調べさした子分が歸つて來ると、兼吉のした事はすつかり引くり返されて了ひました。