“強情”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごうじょう68.4%
がうじやう11.8%
すね2.6%
ねだ2.6%
かたくな1.3%
おしつよ1.3%
がうじよう1.3%
きごわ1.3%
こうじょう1.3%
ごうじやう1.3%
しぶと1.3%
しぶとい1.3%
しぶとき1.3%
しぶとひ1.3%
つれなさ1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「きみがぼくに行けと言うのは、あの人たちがびんぼうだからというのではない。だからぼくは行かない」とマチアは強情に答えた。
大學者さまがから大聲異見をしてさるとはふて、からからすほどのがこぼれて、いかに強情まんのでも
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
子細のあれば、身を隠す、我は現世になきものと、ひとへに良人にけよ。我は元来強情ものの、人交はりは好かぬ身を、心にもなき大都の風に、顔せしは、誰が為ぞ。
移民学園 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
またちっとでも強情りがましい了見があったり、一銭たりとも御心配をるようながあるんなら、私は誓って口は利かんのです。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
むしろそのあまりに強情性質……一たんうとえばまでそれをそうとする、我侭気性めであったようにわれました。
きても云せずに置べきや如何に/\と有に九郎兵衞は猶も強情く是はに以て御無體なる仰私し申上る儀に聊かも僞りは御座なくと云張にぞ大岡殿僞りなしとは云さぬぞコレ/\本多長門守家來共只今承まはる通り大井河原の男女の死骸推察する所石川安五郎妻と今一人は其を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
無敵にわけのわからぬ強情加减唯〻女房にばかりやはらかなる可笑しさも呑込めば、伯母なる口先ばかりの利口にてれにつきてもからさつぱり親切氣のなき
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
孔子は恐らく貧相な不男であったろうし、孫子は薩摩芋侍のような骨太な強情ものであったであろう——のたまわくや、矢声掛声は、そなたのかわいい唇から決してれてはならぬものじゃ
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
そしてあの荒れ小屋に連れこむと、身の自由を奪っていろいろと折檻したが、強情な彼奴は、どうしても白状しなかった。私は怒りのあまり、遂に最後の手段をんだ。
柿色の紙風船 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「なかなか強情うございましたが、ぼんのくぼの鍼痕のことを申しますと、とうとう白状いたしました」
顎十郎捕物帳:06 三人目 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
引立て拷問所へ引出し理左衞門は上座に直り是迄屡々拷問に及べども蒟蒻のと云め今に白状致さぬ故今日は此理左衞門が自身に拷問を見聞せん強情めと一調子引上げコリヤ者共九助を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
願ひ奉るとはせ引ども押ども動かねば同心大勢立掛り強情らぬかと無體引立んとするを大岡殿は此體を見られコレ/\手荒き事をして怪我
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
つけられて惡漢どもよし/\合點承知の濱と遂ひに懷劔を捻取りつゝ手どり足どり旋々まき強情婀魔めと引摺つけ駕籠へ入れんとするを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
さうすると、ランゲナウは、半ば悲しさうに、半ば強情さうに、言つた。「十八です」それから二人は默つた。