艶容万年若衆はですがたまんねんわかしゅ
揺るぎ無い御代は枝を吹く風の音も静かに明け暮れて、徳川の深い流れに根をひたした江戸文明の巨木には、豪華艶美を極めた花房が、今をさかりに咲き盛かり、散って萎れる末の世のかなしみの気配をば、まだこればかりも見せぬ元禄時代の、さる年の晩春初夏に、 …
作品に特徴的な語句
づう おわり たずね すくな すくい ある いで 邂逅かいごう おおせ もの おこない かか すくな しら とと 淡紅ほんのり うっと 微笑えみ 強情きごわ 容貌かおかたち もの おろ よう 鞺鞳どうどう 関係かかわ ほと 訪問たずね 華美きらび 永劫とわ 此方このほう すがた いず なが さかえ かかえ とが この 丈夫ますらお 逍遙そぞろあるき かたじ しづ 豪奢こうしゃ 花瓶はながめ 箒木ほうき ひそ ほん そば 放下ほか 挙動ふるま つた 御見みみ あん はや 吉原きた もと 何人たれ つか 大名たいめい 曩日さきのひ 机辺つくえべ やさ そう ふり 虚偽いつわり これ 此方こっち うち 青々せいせい 肖像すがたえ いと おもい 其方そのほう うら かたじけ かんばせ ずし 真実まこと 真珠またま 先達せんだって つら 生面はじめて 瓶子ちょうし くれない はた かご すさ 口惜くちお 暇乞いとまごい 幾年いくとせ