艶容万年若衆はですがたまんねんわかしゅ
揺るぎ無い御代は枝を吹く風の音も静かに明け暮れて、徳川の深い流れに根をひたした江戸文明の巨木には、豪華艶美を極めた花房が、今をさかりに咲き盛かり、散って萎れる末の世のかなしみの気配をば、まだこればかり …
作品に特徴的な語句
稍々やや 満更まんざら 薩摩さつま 矢庭やにわ 女々めめ 見馴みな 浅黄あさぎ 芍薬しゃくやく 楚々そそ 吾妻橋あづまばし たちばな 血汐ちしお 発心ほっしん 弥生やよい 衣桁いこう 清楚せいそ 猿臂えんぴ 詮方せんかた 情誼じょうぎ くど 両人ふたり 有縁うえん 居睡いねむ 山内さんない 此度このたび 狩野かのう 惚々ほれぼれ 音羽おとわ はじ ひさし 逆手さかて 幾年いくとせ 初夏はつなつ 柴折戸しおりど 逢瀬おうせ 現今いま 羽二重はぶたえ 遊蕩ゆうとう 潜戸くぐりど 知辺しるべ 流眄ながしめ 此上このうえ 口籠くちごも おか 八重やえ つつが 青々せいせい 其処此処そこここ みなと 看経かんきん 罪業ざいごう 乙女おとめ なか 心耳しんじ 黒羽二重くろはぶたえ 後世ごせ ねん 虚無僧こむそう 酒代さかて 御影みかげ 梧桐ごとう 華美きらび 御代みよ 振向ふりむき 元結もとゆい 般若湯はんにゃとう 金碧こんぺき 閾際しきいぎわ 勤行ごんぎょう 千年ちとせ 隠家かくれが 凝乎じっ 主水もんど 卯月うづき 燧石ひうちいし 珠玉たま あばら 下僕しもべ 真個ほんとう 面立おもだち 大凡おおよそ 拙者わし 何年いつ 獰悪どうあく 見初みそ 北叟笑ほくそえ 瓶子ちょうし 遊蕩児ゆうとうじ 後目しりめ 手折たお 春宵しゅんしょう 雪白せっぱく みだ あずさ 虚偽いつわり ずし 発足ほっそく ござ 奕々えきえき