“折檻”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せっかん86.1%
せつかん13.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“折檻”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語3.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ある時、そういうお勤めをしているところを、グリゴリイに見つけられて、むちでこっぴどく折檻せっかんされたことがある。
「織江と申す女この二階に、監禁されて責め折檻せっかん、憐れと覚し召し、おかみへお知らせ、なにとぞお助けくださりませ」
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
幾度も/\支度金をかせがせた方が實入りになると知つて、いやがる私を父子二人で責め折檻せつかんして——この二
私は以前あんなに幾度も折檻せつかん懲戒ちようかいの爲めに呼びつけられてよく知つてゐるあの部屋に案内してもらふ必要はなかつた。