“せっかん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
折檻91.7%
切諫3.4%
石棺2.1%
摂関1.4%
折簡0.7%
石澗0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さて誰袖の折檻も今日はこのくらいにして置いて、次の処刑に移ろうかい。やいやい加藤次、白萩めをもっと縁近く曳いて参れ!」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それを押し退けて横車をひき出そうとする無理非道の父に対して、女の口から更に切諫を試みようとするのであるから、並大抵のことではむずかしい。
小坂部姫 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
虫を抑えて、仕事へ癇癪をうちこんだのが、能率をあげた一因かもしれない。地形はほぼすみ、底石をしき、鏡の入れてある石棺までめこんだ。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「むかしから傲岸な男だったが、おれがめをかけてやるようになってからまるで摂関きどりだ、しかし、まあよい、そこが彼の役に立つところでもある」
貞固は留守居に任ぜられた日に、家に帰るとすぐに、折簡して抽斎をじた。そしてを改めていった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)