小坂部姫おさかべひめ
「物申う、案内申う。あるじの御坊おわすか。」 うす物の被衣の上に檜木笠を深くした上﨟ふうの若い女が草ぶかい庵の前にたたずんで、低い優しい声で案内を求めた。南朝の暦応三年も秋ふけて、女の笠の褄をすべる夕日のうすい影が、かれの長い袂にまつわる芒 …
作品に特徴的な語句
いたず 上野こうづけ よし 譫言たわこと くゆ すげ かたえ やぶ ひま しめ みこ 彼奴あやつ かち 永久とわ つれ さる 焦燥いら 眇目ひがらめ あで 鸚鵡おおむ じょう あせ 乾魚ほしうお はだ みい こうべ ならび おと がみ はた 露骨むきつけ 空腹ひもじ そっ 如何いかが こと すそ ほう たく 蜻蛉とんぼう 退 逡巡しりごみ いや いら おびや さか くく 早速さそく しき くすぶ くう 其方そのほう いり おそ 人気じんき せん いさぎ しるし 頑固かたくな 便宜よすが 飛沫しぶ 一簾ひとかど 物怪もっけ よみが まも 燧石ひうち ほて けむ 火焔ほのお ひき 蝦蟇ひきがえる 平戸ひらと 幸福しあわせ ゆか なめら あて くら ごう あら かけい べに 細作しのび 細径こみち はや 案内あない しん いまし ひし 怪異あやしみ しか 死屍しかばね おこ いが