樅ノ木は残ったもみノきはのこった01 第一部01 だいいちぶ
万治三年七月十八日。 幕府の老中から通知があって、伊達陸奥守の一族伊達兵部少輔、同じく宿老の大条兵庫、茂庭周防、片倉小十郎、原田甲斐。そして、伊達家の親族に当る立花飛騨守ら六人が、老中酒井雅楽頭の邸へ出頭した。 酒井邸には雅楽頭のほかに、同 …
作品に特徴的な語句
じょ みん じき はな そし かおる はにか はず しん まが かみ さか 間合まあ どき さお むすめ つの あい けん せん いら たて びと 無道むどう 見透みすか つか 恍惚うっとり つき はやし まく べい べに 矢竹やだけ ひさし ため のん 蚊遣かや 唐船からぶね 立花たちばな 軽口かるぐち 宗良むねよし はずかし 押籠おしこめ きま くら 眉間びかん じょう かなめ こつ つか 無役むやく 誓言せいげん 家中かちゅう 金山きんざん ちょう 半纒ばんてん ゆす 宿老しゅくろう うた 佩刀はかせ うわさ おんな 燈籠どうろう 供立ともだて さら とき 刈田かった あつ がまち 黄昏たそが がん かみ 市場しじょう 饒舌じょうぜつ 雅楽うた 疋田ひきた 仲間ちゅうげん かど 常居つねい 正餐せいさん 一家いっか 花押かおう すね はら 粗忽そこつ 籠居ろうきょ はし きも 肺腑はいふ 米谷まいや
題名が同じ作品
樅ノ木は残った:02 第二部 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
樅ノ木は残った:03 第三部 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
樅ノ木は残った:04 第四部 (新字新仮名)山本周五郎 (著)