樅ノ木は残ったもみノきはのこった02 第二部02 だいにぶ
新八の顔は血のけを失って蒼白く、汗止めをした額からこめかみへかけて膏汗がながれていた。躯も汗みずくで、稽古着はしぼるほどだったが、それでも顔は蒼白く、歯をくいしばっている唇まで白くなっていた。 躰力も気力も消耗しつくしたらしい。眼の前にいる …
作品に特徴的な語句
あおむ とどま とどま 小角こづの はず いわく ぶみ たて めん つの こう うつろ 胸乳ちち 斑雪はだらゆき ねじ 弓弦ゆみづる むすめ かみ かた 雌豹めひょう 金山きんざん 踏止ふみとどま うわさ かなめ 藁葺わらぶ はぎ あし かげ べに 白痴こけ しし 燈籠どうろう 沓脱くつぬ なぎさ だて ちょう 柄樽えだる 杭打くいうち のん 斑毛まだらげ 斎宮いつき しな さら まく つか 手焙てあぶ 手斧ておの 家中かちゅう こび 大猪おおじし 大城たいじょう 嘲笑ちょうしょう 佐藤さどう こご とき 膏汗あぶらあせ ののし 美味うま 義兄あに 老獪ろうかい ふけ 肉桂にっけい 肋骨ろっこつ はだ はら 股引ももひき たたず ひじ 肱枕ひじまくら さかな 胡桃くるみ 但木たじき あぶら もろ せがれ わき もも 腿肉ももにく 蒼白あおじろ おっ 葛布くずふ ねぎ 蒔絵まきえ こうむ あお 薄靄うすもや 蔵王ざおう つる
題名が同じ作品
樅ノ木は残った:01 第一部 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
樅ノ木は残った:03 第三部 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
樅ノ木は残った:04 第四部 (新字新仮名)山本周五郎 (著)