“柄樽”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えたる50.0%
えだる50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人「大きに有難う存じます、それから五升の切手を頂戴致します、柄樽を拝借致します、樽は此方で持って参りますから」
文七元結 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
少年たちは甲斐のほうを見たが、七十郎にせきたてられて去り、家紋を蒔絵にした柄樽を持って来、そしてひきさがった。