樅ノ木は残ったもみノきはのこった04 第四部04 だいよんぶ
甲斐が「席次争い」の騒ぎを知ったのは、矢崎舎人の裁きがあって、十日ほど経ったのちのことであった。 それまでにも、甲斐には辛いことが続いていた。おと年(寛文五年)の夏、塩沢丹三郎が毒死し、去年の正月には茂庭周防に死なれた。周防が寝ついていた百 …
作品に特徴的な語句
じゅう 宿じゅく じょ かち しょく れい 小人しょうにん かみ はず くう どき とど 正直せいちょく いら つの むすめ くびす 祖母ばば 曽孫ひごまご 木幡きはた 目見めみえ はさ めん 気違きちげ びき たて あた 紊乱ぶんらん 護立もりた さら まかない つつみ 嘲笑ちょうしょう 諍闘そうとう つか 大喝たいかつ たい くち うわさ 押籠おしこめ 施与せよ たつ はずかし たず 扶持ぶち 下知げじ つか のん あら かなめ そむ 老耄ろうもう いと 酒壜さかびん 宿しゅく くら いたわ かみ 馬代ばだい 直截ちょくさい 白痴こけ 河岸がし 後手ごて とき 音締ねじ かたく 饒舌じょうぜつ 案内あない にわ 菖蒲しょうぶ ひも 美味うま 燗鍋かんなべ 燭台しょくだい 置毒ちどく わな 納戸なんど まと 縁辺えんぺん いと 給主きゅうしゅ しん 花菱はなびし 羑里ゆうり 縹緻きりょう つな そう つや 良人おっと
題名が同じ作品
樅ノ木は残った:01 第一部 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
樅ノ木は残った:02 第二部 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
樅ノ木は残った:03 第三部 (新字新仮名)山本周五郎 (著)