“酒壜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さけびん57.1%
さかびん42.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私が当惑とうわくしきっているのにはおかまいなしに、白木はボーイにいいつけ、持って来させた銀の盆の上の酒壜さけびんを眺め、にたにたと笑いながら
暗号音盤事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
申訳みたいに売台カウンタのむこうに酒壜さけびんの列が並んではいるが、公衆に開けてるんじゃないとみえて、この、酒場の書入れ時刻というのに、客といっては一人もなかった。
の光や、鳥の飛んでいるところや、それから、酒壜さかびんやビフテキまで見られますように、どうぞどうぞお助けください。
地底戦車の怪人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
片方には陶製の珍らしい形をした酒壜さかびん。片方には水晶のように透明なギヤマンの、足付き洋杯が五箇はいっていた。