“賭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
40.9%
35.7%
かけ18.8%
1.6%
0.5%
がけ0.5%
0.5%
あそ0.3%
0.3%
かけもの0.3%
0.3%
ステイキ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
信じているが、私は臆病者だと自分で認めている、この違いは大きいんだぞ、かね、私はこの違いにけて、討手の役を願い出たんだ
ひとごろし (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
然れどもに交合は必然に産児を伴ふ以上、男子には冒険でもでもなけれど、女人には常に生死をする冒険たるをれざるべし。
娼婦美と冒険 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「お聞きの通りだ、親分、——この口惜しいが親分の勝さ、四十五六の型へ入れて抜いたような御用人だ。逢いますか、親分」
「あ、あそこへ子供が大きな輪を廻しながらやって来る! さ、御両氏、急いでへおりなさい! できるだけ沢山に!」
かくなれば、彼にも大いにむものがあるようだった。由来、保守的な彼が常に秘策と信じているのは、両天けの二面主義だった。あっちがいけなければこっちへつく。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
阿「ウーン紀伊國屋、まア其処へ置きな、遣らぬではない、遣るが残念だから一時に思い切って五十両よう」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
いや、かりにおれは見て見ぬふりをしてやるとしても、の奴らが承知しないことは火をるよりも明らかな事。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お前の方では夫婦の情を尽す事がえんだ、何う考えてもお前に出られちゃア己の顔が立たねえんだ、聞けば松公はんでばかりる……賭んでる……そうだそうだが
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
『ム、幾額く?』
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「助かったら何よ、おいらがへ来ねえ、一所に楽をしようぜ、面白く暮そうな。」と、あたかも死をにしたこの難境は、将来のそののために造られた階梯であるように考えるらしく
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
けのかけ、「掛巻毛」などのかくである。「かく」「かけ」は、誓占の一種で、神の判断に任せる所の問題を、両者の間に横へる——心に念じ、口に出して誓ふ——事である。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
廻転盤と面には一から三十六までの数が仕切ってある。卓子面のほうは一二三・四五六と三つずつ一線に縦に進んでいるが、廻転盤のは一・三三・一六・二四といったぐあいに入り混っている。
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)