“麻雀賭博”の読み方と例文
読み方割合
マージャンとばく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その談話は何かと聞けば、競馬の掛けごとに麻雀賭博、友人の悪評、出版屋の盛衰と原稿料の多寡、その他は女に関する卑猥る話で持切っている。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
麻雀賭博で、二度も警察に留置せられた。喧嘩して、衣服を血だらけにして帰宅する事も時々あった。
花火 (新字新仮名) / 太宰治(著)
麻雀賭博を学校の子供たちに教えてやっていたのです。たぶん、そんな事じゃないかと思っていました。ちょっと警察に行って来ます。(会釈して、縁側に出て、はきものを捜す)
春の枯葉 (新字新仮名) / 太宰治(著)