“麻雀卓”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
マージャンたく33.3%
マージャンテーブル33.3%
マージヤンテーブル33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“麻雀卓”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
解剖室からすこし離れたところに、麻雀卓マージャンたくをすこし高くしたようなものがあって、その上に寒餅かんもちけるのに良さそうなつぼが載せてあった。
俘囚 (新字新仮名) / 海野十三(著)
四人の面子メンツが坐っているはず麻雀卓マージャンテーブルから、一人が立って便所に行ったりすることは、よくあることではないか。
麻雀殺人事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
二階からはしきりに「エヘン、エヘン。鴨子さん、エヘン。鴨子さん」で、遂に綿のはみ出したかけ蒲団が麻雀卓マージヤンテーブルのそばへころがり落ちて来る。
世帯休業 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)