“寒餅”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんもち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“寒餅”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それは上等の油で揚げて食べるのが一番です」妻君「そうでございますか、今に寒餅かんもちを搗かせますから試してみましょう。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
寒餅かんもちでもだつたか、家内かないつて、このとき、はじめて、座敷ざしきはうのふすまをけた
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)