“葉牡丹”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はぼたん66.7%
ハボタン33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“葉牡丹”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼はその手を鍋の下へ伸ばして、葉牡丹はぼたんのように重なった葉巻の灰の層をどさりと焜炉こんろの水に落した。
蓼喰う虫 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
河に面したくりや葉牡丹はぼたん腋臭わきがから、
北原白秋氏の肖像 (新字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
すなわち前々から葉牡丹ハボタンといっているものである。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)