“蓬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よもぎ78.7%
おどろ11.1%
おど2.8%
ほう1.9%
きたな0.9%
くさ0.9%
ほお0.9%
ほほ0.9%
もちぐさ0.9%
ヨモギ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
く沈んだ憂えを帯んだ額に八の字を寄せて、のように蓬々とした半白の頭を両手でむしるようにえることもあるかと思えば
(新字新仮名) / 小川未明(著)
干潮るもで、宛然洪水のあとのく、何時てた世帶道具やら、缺擂鉢むで、のやうな水草隨意いてる。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
驚きしも宜なりけり、蒼然として死人に等しき我面色、帽をばいつの間にか失ひ、髮はろと亂れて、幾度か道にてき倒れしことなれば、衣は泥まじりの雪にれ、處々は裂けたれば。
舞姫 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
女亭主けた髪を櫛巻で、明窓から夕日を受けた流許に、かちゃかちゃと皿を鳴して立働く。炉辺には、源より先に御輿を据えて、ちびりちびり飲んでいる客がある。二階には兵士の客もある様子。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
果せるの組はこの勝負にき大敗を取りて、人も無げなる紳士もさすがに鼻白み、美き人は顔をめて、座にもふべからざるばかりの面皮されたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「何かお慰みにと、初春など探させました。甘味は干柿の粉を掻き溜めたもの。甘葛とはまた風味もかくべつ違いますので」
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
藤原経邦の如きに至っては、はじめ快飲を示していたけれど、とうとう心身共にけてしまい、げろを吐いて窮声喧々という有様だ。
酒渇記 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
砂ぼこりふとけだち
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
尤も、草餅と言つても、のたりない都では田舍で食べるほど青いシコ/\としたのは出來ません。
」「」「」「」「過ぎ」などの「ぎ」には(乙)類の文字を用いて、その間に区別がある。
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)