“萩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はぎ98.5%
ハギ1.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白いはぎの花の咲いているところで横になる。草をむしりながらんでみる。何となくつつましい幸福を感じる。夕陽がだんだん燃えたって来る。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
「叔父さん、持って来たはぎを植るには好さそうなところが有りますよ」と言って、節子はその空地のすみのあたりを叔父にして見せた。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
草花にははぎ桔梗ききょう、菊、すすき鶏頭けいとうなどの秋のものの外に西洋種も多く、今はサルビヤが真紅に咲きほこっていた。
果樹 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
と呼ばれて毛布けつとの上へ草履を脱いで上つた私達は、お重の中のおはぎをお皿なしに箸で一つ一つ摘んで食べようとしました。小い従兄は、
私の生ひ立ち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
今年ははぎの花がおそく、すすきはしげっているのに、雁来紅がんらいこうは色あざやかだがばかに短く細くて、雁来紅本来のあの雄大な立派さがない。
スギ」「ハギ」「ヤナギ」「ヨモギ」「過ぎ」などの「ぎ」には(乙)類の文字を用いて
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
百済野クダラヌハギ旧枝フルエに、春待つと来棲キヰし鶯、啼きにけむかも(万葉巻八)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)