“萩芒”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はぎすすき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“萩芒”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
月がなくただ星あかりでしか見えない池の裏手の、萩芒はぎすすきの枯れむらの間をぬけて行った者がいた。
野に臥す者 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
萩芒はぎすすきおほかた閉ぢし山の庵
六百句 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)