“椿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つばき96.8%
ちん1.6%
チン0.8%
ツバキ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
椿の花のような、どっしりと重い、そして露けく軟かい無数の花びらが降って来るような快さを感じさせ、その花びらのりの中に
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
このチャンチンの椿は落葉喬木で大なる羽状葉を有し梢に穂を成して淡緑色の細花を綴り、ツバキとは似ても似つかぬ樹なのである。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
椿は『荘子』に八千歳を春となし八千歳を秋となすと出ているのでこの椿を日本人が日本の椿と継ぎ合せて文学者が八千代椿などの語を作ったもので
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
椿は『荘子』に八千歳を春となし八千歳を秋となすと出ているのでこの椿を日本人が日本の椿と継ぎ合せて文学者が八千代椿などの語を作ったもので
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)