“桜”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
さくら90.4%
ざくら5.5%
はな2.7%
サクラ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その子供たちは、みんながしたように、このびました。は、にはらんまんとして、いたのであります。
学校の桜の木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
『鶯邨画譜』の方に枝垂の画があつてその木の枝をかに二、三本画いたばかりで枝全体にはく小さな薄赤いが附いて居る。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
「お、琵琶の音がする。……加古川の法師は? ……」輦のうちで眼をふさぎながら、範宴は、玉日姫のすがたを、おぼろ夜の白いを思いうかべていた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
未ダならず仙覚抄ニ云山ちさとは木也田舎人は、つさの木といふこれなりといへり、いかゞあらむ、但し此は山松山桜などいふ如く山に生たるつねの知左〔牧野いう
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)