“彼岸桜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひがんざくら71.4%
ひがん14.3%
ひがんさくら14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
惜し気もなく散る彼岸桜を誘うて、と吹き込む風に驚ろいて眼をますと、朧月さえいつのに差してか、の影は斜めに揚板の上にかかる。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
今朝はかに晴れて、この分なら上野の彼岸桜も、うっかり咲きそうなという、午頃から、急に吹出して、随分風立ったのがだにまぬ。午後の四時頃。
妖術 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)