“紅梅”の読み方と例文
読み方割合
こうばい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紅梅が美くしかつた。帰りに画室にお寄りしていろいろのを見せて貰つた。こんな部屋がしいなどゝ珈琲を飲みながら思つて居た。
六日間:(日記) (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
庭には沈丁花が日も夜もれる。梅は赤いになって、晩咲紅梅の蕾がふくれた。犬が母子芝生にトチう。猫が小犬の様にる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
紅梅入りの薄葉に美しい手蹟で、忠助にかぎってそんな大それたことをするはずがないと、そのひとつことばかり、くりかえしくりかえし書いてあった。
顎十郎捕物帳:05 ねずみ (新字新仮名) / 久生十蘭(著)