“紅梅織”の読み方と例文
読み方割合
こうばいおり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あくどい原色は嫌いなのだろう、服地も白麻のみじかな戦袍で、紅梅織打紐を腰帯とし、美しい長剣をつるし、青と白との縞の脚絆という軽快さ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)